« 2014年1月30日 | トップページ | 2014年2月1日 »

F.O.M.O and Bender

14_fomot 13_fomob 14_fomo












New ModelのF.O.M.OとBenderについてですが、オーストラリアを中心に、WCTに於いて、

最高のパフォーマンスをする為のボードという事が考えられ、その中から生まれたのがこの

両モデルです。特に上の写真のF.O.M.Oは、世界中の良い波で行われるコンテストで、掘れた

リップの部分で、どれだけハードに攻められるかを考えられた、高性能ボードです。アウトラ

インの特徴は、サイドフィン辺りからストレートにしているテール、そしてスタンスエリアで

は、カーブを強めにしている所です。そしてロッカーでは、強めにフリップしたノーズ、テー

ルは緩やかな中にも、サイドフィンの後ろ辺りからフリップさせています。そして他のモデル

と違う所は、フラットポイントを他のモデルよりも、少し後ろにしている所です。そして、フ

ラット気味なデッキとややボリュームのあるレール、コンケーブはシングルに浅いダブル、テ

ールはVeeで抜いています。このボードは勿論、オールラウンドなんですが、3〜6 ftの波に

最適とされています。日本でも良い波の時の“勝負ボード”として活躍すると思います。


14_bendert 14_benderb 14_bender












Benderは、ノーズ、テール幅を広げ、ロッカーもイーブンなlowロッカーを使用しています。

このボードの特徴は、パドルの為に工夫された、胸の辺りのエントリーとボリュームです。

イージーパドルは、テイクオフのスピード、走り出しのスピードを生み出します。そして、

アウトラインの助けにより、ターン時に、スピード性と波に食いつくホールド性を感じること

と思います。Benderもオールラウンドモデルですが、特にNew School系の革新的なサーフィン

を目指されています。日本のプアーなコンディションでも、おおいに使えると思います。

2014年のNew ModelのF.O.M.OとBender、宜しくお願いします。

999914_686772538030722_918851290_n

|

« 2014年1月30日 | トップページ | 2014年2月1日 »